2008年10月24日 (Fri)

Android Marketでアプリを売ってみないかい?

Googleのモバイル向けOS「Android」を搭載した端末第一弾が、 アメリカでT-mobileから「T-mobile G1」として179ドルで販売開始されました。

Antroid向けのアプリはネット上の「Android Market」で販売されます。 Android MarketはAppleのApp Storeみたいなもの。 我こそは!と思う方はどんどんアプリを開発してこのAndroid Marketに置くことができますが、 その利用料金面や収益モデルがおぼろげながらわかってきました。

1)開発者登録料
開発者(一般も含む)がAndroid Marketにアプリを掲載依頼。
開発者→Googleに25ドルのユーザー登録料が必要。

2)アプリ販売の売上げ
キャリアとの折半となります。
アプリ価格は、開発者に30%,キャリアに70%。
その際Googleはアプリ販売の手数料など一切徴収しません。

ほほー。
私もAndroidで実用アプリやゲームアプリを作ってバンバンダウンロードしてもらいましょうか。。。。と思ったけど作れないので困った。 。

今日現在は、Android Marketにはまだまだ難しげなアプリがずらーっと並んでます(英語が読めないというのもある。。)が、 これからエンタメ系のアプリがどんどん増えてゆくことを期待します。

ちなみに、AndroidはJavaで書きますので、iアプリを作りなれてる方なら、壁は比較的低いと思いますのぜ是非是非。

posted by ゆき | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。